ゲームクリエイター やりがい

ゲームクリエイターやりがいとは?

ゲームクリエイターはやりがいのある仕事

スポンサードリンク

皆さんはゲームクリエイターになって、自分の好きなゲームを作ることが目的でしょうか?
それはある意味、野望であって、ゲームを売るという点から考えると少しビジョンが違ってきます。

 

自分の好きなゲームを作り、それが面白いと万人に受け入れられるに越したことはありませんが、それはあくまで自己都合のゲームを作ることになってしまいますよね。

 

ゲームクリエイターが絶対に考えなければいけない点は、ゲームを作り、尚且つ、そのゲームをユーザーに面白いと感じてもらうこと。

 

自分が提案し、作成したゲームです。
当然ながら、自分がプレイするとそれは楽しいことでしょう。

 

しかしながら、実際にお金を払ってゲームソフトを購入し、それを楽しむのはユーザーです。
ゲームクリエイターのやりがいは、自分の提案したゲームをユーザーに満足してもらうこと。

 

これに尽きます。

 

想像してみてください。
今でしたら、皆さんの作成するかもしれないゲームの情報がネット上で評価されます。

 

  • 神ゲー
  • すごく面白い
  • 買ってよかった

 

こういった声が聞けたとき、本当に嬉しいものです。
昔と違い、今のゲームは1年や2年もかけて作成します。

 

たまたま電車で帰宅する際、
自分の開発したゲームの話題を耳にできたときは、ゲームを作ってよかったとやりがいを感じます。

 

ゲームという媒体を通して、人に感動や笑いを届ける職業のゲームクリエイター。
非常にやりがいのある仕事だと思いませんか。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読