ゲームクリエイター 仕事内容

ゲームクリエイター仕事内容

ゲームクリエイター仕事内容について

スポンサードリンク

仕事内容については、皆さん気になるところかと思います。

 

ゲームクリエイター種類のページで紹介したように、様々な分野が存在しますが、具体的な仕事内容については、それほど差異はないでしょう。

 

ゲームクリエイターの主な仕事内容を紹介します。

  • 企画書の作成
  • 仕様書の作成
  • ゲーム調整

 

企画書の作成

企画書というのは、これから開発したいと考えるゲーム案をまとめたものです。
提案したゲームのどういったところに新規性があり、遊ぶ上でどのように面白いのかを考えます。

 

ゲーム開発というのはチームで開発するものです。
チームとして面白さを共有できないことには、良いゲームは生まれません。

 

企画書の作成と同時に、プレゼン能力も試されることになります。

仕様書の作成

仕様書というのは、ゲームの詳細動作などを記述したものです。

 

仕様書があれば、ゲームプログラマーが仕様書通りにコーディングし、
必要なリソースをデザイナーさんが用意することでゲームが完成するというものです。

 

テレビゲームとなると、仕様書の作成がゲームクリエイターの主な仕事になります。

ゲーム調整

ゲームには様々なパラメータが存在します。
例えば、RPGの装備パラメータ、アクションゲームの攻撃力など…。

 

そういった一つ一つのパラメータは、
その大半をゲームクリエイターの手調整によるパラメータ付けによって決定します。

 

この部分に関しての仕事内容は、ゲームによって色々と変わってくることでしょう。

 

ゲームの実装に関しては、優秀なプログラマーが揃えば形にすることができますが、
形にするための案がないことにはゲームは生まれません。

 

ゲームクリエイターの仕事内容の多くは、ゲームを形作るものだと考えて良いでしょう。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読